EDは破局の危険要因と男性不妊の対策になる医薬品

不妊とは子どもを望んでいるにも関わらず、子宝に長期間恵まない状態を指す言葉です。
少子高齢化社会となった今、不妊は一個人の問題では無くなりました。
地域をあげて治療をサポートする街もありますし、国も出生率を上げるため、様々な補助と助成を講じています。

しかし、根本的には夫婦間の問題であり、心理的な要因と物理的な要因によって起きているため、まずは心身の健康を取り戻す事が大事です。
不妊治療と言えば、世間一般では女子限定の取り組みだと言われています。
ところが不妊の原因は当然ですが、夫サイドにも存在しています。

特に近年、様々な専門家が発表している通り、日本人男性の精液量が減ってきています。
また男性機能そのものが若いにも関わらず減衰してしまっている男性も増えました。
若者の草食化は、考え方に問題があると年長者は盛んに指摘しますが、EDによって男性の恋愛離れやSEX離れ、子作り離れが起きているのが実情なのです。

精液量の減退は栄養補給によって改善しますが、EDが原因の不妊は危険度が高いです。
妻や恋人とSEXし、子作りしたいにも関わらず、思った通りにペニスが毎回立たない、
そういった状況が何度も続ければ、男としての自信が粉々になります。
また子作りを熱望する女性からすると、自分自身には全く問題ないのに夫や彼氏がEDという理由だけで、子宝に恵まれない事になりますので、男女不仲の決定的な要因になり得ます。

そのためEDが原因で男性不妊になる事はとても危険な事です。
離婚や破局の危険を回避するためには、男性側の努力が重要になります。
ED治療薬を事前に飲む等、実践的なサポートが必須です。
数回ED状態を見られてしまったとしても、次回からED治療薬を飲んでSEXタイムを迎えれば、勃起したペニスを堂々と魅せつけられますので、男性不妊のリスクを払拭でき、なおかつ破局の危険も見事回避出来るはずです。

トップページへ