年齢を重ねるごとの体の匂いとEDは健康の危険サイン

男性は加齢するにつれて、加齢臭などの体の匂い、勃起しにくくなるEDなどになりやすくなります。体の匂いもEDも年齢によるものと思ってしまいがちですが、実はそれは体に何かしらの変調が起こっている危険サインかもしれません。まず40歳をこしたあたりからひどくなる加齢臭ですが、体の酸化ストレスが高まっている状態にあることを示しています。加齢臭は皮脂が酸化分解を繰り返して、皮脂がノネナールという成分に変わるために起こります。酸化ストレスが高まると、このノネナールの量は増加します。酸化ストレスが高くなってしまうのは、体内に活性酸素が多いためです。活性酸素は色々な病気の原因ともなるもので、活性酸素が多い状態は体に良くないのです。活性酸素が原因の酸化ストレスは、高くなると血管を傷づける可能性があります。EDは年齢を重ねると男性ホルモンの分泌が減少するためなることが多いですが、生活習慣病が原因となっている場合もあります。勃起は血の流れの強さで起こりますが、生活習慣病にかかっていると血の流れが悪くなり男性器にも支障が出ることがあるのです。

体の匂いやEDは年齢のせいだと安易に考えず、酸化ストレスが高いためや生活習慣病になっているためというサインかもしれないと注意しましょう。加齢臭とEDの改善に食生活を直すという方法がありますが、これは体内の健康状態を調整する改善法でもにもなりますのでおすすめです。動物性たんぱく質・糖分を摂りすぎないようにし、野菜や果物をバランス良く摂取することで酸化ストレスを減少し生活習慣病を予防・改善できます。もし、食生活を見直しても改善がないようでしたら、医師の診断を受けるようにしましょう。

トップページへ