男性器そのものの障害によるED

EDとは、満足な性交渉を行うのが難しい程度の勃起障害と理解されることも多い症状です。
原因は様々ですが、主にはふたつのタイプに分けることができます。まずは心因性で、これは勃起のスタートとも言える性的刺激の受け取りが、主には心の問題で不十分になることで発症するEDです。
たとえば性的事柄に対しての嫌悪感やトラウマ、また性的なことに限らず深刻な悩みやストレスなどがその原因と考えられています。
そしてもうひとつのタイプが器質性です。これは勃起が行われるために必要な神経系や血管系の機能に、低下や支障が発生してしまっていることで発症するEDです。
年齢を重ねたことによる自然な機能低下の他、糖尿病や動脈硬化、高血圧や高脂血症、脊髄や脳に対する疾病やケガなどがこれを引き起こす原因とされています。
男性器そのものの障害によるEDは、体の機能低下に該当するのでタイプとしては器質性にあてはまります。
陰茎をはじめとする男性器は、非常に複雑な血管系が構築されており、とても繊細な作りになっています。
そのため、たとえば強い外的ショックによってそれらの機能にダメージが及んでしまうと、男性器に障害が発生してしまってEDになると言うことも考えられます。
それから体だけではなく男性器や、男性機能を左右している部位、前立腺や尿管などに疾患が発生した場合も、それが原因でEDが出てくる場合もあります。
また生まれつき染色体に異常があって、それが男性器に影響を及ぼしているケースも考えられます。
この場合、ある程度の年齢になってEDを発症してから、実は染色体に異常があったと言うことが初めて明らかになると言うことも珍しくはありません。
自分の男性器の状態が人と比べて健康かどうなのかと言うことは、わかりにくいことかもしれません。
しかしだからこそ、少しでも異変を感じた際には泌尿器科などの受診を受けることが大切です。

トップページへ